歯科医院で親知らずについて

歯のレントゲンを撮ってもらいましたところ、下の親知らずを抜いてしまったがために、上の歯が伸びてきた?ようです。評判の審美歯科は東京でもどうにかしてここであまり意識しなかったのですが、歯というのは上の歯と下の歯を噛み合わさる事で食べる事ができるまあ当然なのですが、つまり下の親知らずを抜いているという事は、上の歯は機能していないという事です。評判の良い内科や歯科医院はここからすると親知らずは伸びて?くるのでしょうか?先生はいずれ抜かないとならないと言っていましたが、下の歯にあった親知らずはかなり苦戦をして抜きました。正直おっかないのです。東京では根管治療を受けるとするならここでも あるいみ使っていないのなら虫歯にはならないように思うのですが、将来になってみないと解りません。
さて何回なのが反対の親知らずです。実はこの歯は下からではなくやや斜めから生えています。その為以前の歯医者はこれは手術しないと取れないと言って、紹介状を書いてやるよと言っていました。東京で評判の親知らずを抜歯するならこんなにも生まれてこのかた手術台にはのったことが無いので、どうか虫歯にならずに一生を終えたいと思います。歯医者さんには抜かないで治療するという人もいるようです。出来れば痛くない方を選択したいのですが、素人からするとこの親知らずの問題賛否が分かれるように思いました。芦屋の話題のセラミックでは一番の医院というのはもっと今年は歯の治療に三か月要しました。歯磨きをしっかり来年はしたいと思います