歯科検診を半年に一回行い時の流れ

タバコを吸うと歯の裏にヤニが付きます。またどんなに丁寧に歯を磨いても歯石は付きます。便利な神戸で小児矯正を見つけるにはどんなにかそのため保険適用で半年に一回程度の歯科検診に行きクリーニングと歯石除去を歯科衛生士にしてもらいます。その時の体験談を書いていきます。保険適用と書いたのは、歯科検診は最後に検診した日から三ヶ月程度日にちを空けないと保険適用になりません。そのため、半年は空けるようにしています。歯科検診は歯科衛生士さんがメインで行い最後に歯科医が虫歯チェックをして終わりになります。和歌山の痛みを抑えた胃カメラ検査でさがすことにも歯科衛生士さんが行う流れは、まず歯茎の健康チェックです。針みたい尖った器具で歯茎をツンツンします。その際に出血はあるか。歯周ポケットの深さはどれくらいかをチェックしてくれます。私の歯周ポケットは平均は3ですが歯磨きを怠ると4、5になります。数字が大きい程、良くないらしいです。また出血がある場合は数字に赤いまるが記入されます。出血に関しても歯を磨くのを怠ると出やすくなるそうです。そのため数字が大きくなり赤丸が増えると歯磨きの仕方のチェックが始まります。歯磨きを渡されて普段の磨き方を実践させられ、この場合はこのように磨いてくださいと指導を受けます。その後、機械を使い歯石を取り、機械では取れなかった頑固な歯石は器具を使い取り除きます。その後クリーニングをして終わりになります。