親知らずを抜歯した治療について

もう何年も前の事になりますが、あの歯医者をもし話題の文京区で見つけられるのは親知らずが一本だけ生えていました。特に痛みが出たりする事は無かったのですが、親知らずの一つ前の歯と隙間が有り、その間に食べ物が詰まって虫歯になる可能性が有ったので親知らずを抜くことになりました。その歯科医院は会社の近くに有り、仕事が終わったら治療に行くというスケジュールで通っていました。仕事中に痛みが出たらすぐに歯科医院へ駆け込めるようにと思ってのことです。東京の歯根治療を比べるとどうしてかはいざ親知らずを抜くときは緊張しました。大人になってから抜歯をしたことが無かったので痛みが酷いのか、熱が出たらどうしようとか、不安にかられていました。いざ抜歯の施術の日は先生からどういうやり方で抜歯をするのかなどの説明が有って施術後は血が抜歯後の穴を蓋してくれていますが、それが取れちゃうと骨がむき出しになって痛み出すから気をつけてくださいなどの注意点など細かく教えてくださって安心出来ました。予防歯科なら評判だと言われ東京のどこにして施術自体は麻酔をしてからゴリゴリと音を立てて親知らずを引っこ抜いてもらうという形で割とあっけなく終わりました。麻酔が切れる前から痛み止めを出してもらって痛みが出ないように配慮してもらったり、前述の注意点などを教えてもらったりなど、私が不安に思っていることを先に伝えておくときちんとフォローしてくれる良い歯科医院だと感じました。後日にまだ抜歯後の穴塞がっていない状態の時に血の蓋が取れかけてしまった時も快く処置してくださり、無事に穴は埋まりました。そんな東京で話題の根管治療をするならここでも歯科医院と聞くと大人になっても通うのが億劫に感じてしまう場所だとは思いますが私は自分が思っている不安点を伝えたりすることで先生もこちらの不安を解消しようとしてくれたりするので、もっと気兼ねなく通っても良い場所なのかなと思いました。歯は生活する上で健康面でも非常に大切な物です。評判の根管治療を芦屋で探すといえるのはもっとしてもこれからも定期的に通って頼れる先生に診察してもらって口腔内を健康的にしていきたいと思います。