親知らずの歯を抜き虫歯治療

なんだか上の右側の奥歯が痛いなあと思うようになり、インプラントを話題の芦屋でこんなになると最初は虫歯かなと思いつつも、なにもしなかったのですが、やはり痛みが出るようになって歯医者に行くしかないかという気持ちになりました。予約せずに、飛び込みで入り、1時間近く待たされた後に、話題の小児歯科で今里ならどうも名前を呼ばれ診察してもらうことになりました。痛みの個所を言うと、すぐにチェックし、それが親知らずが生えてきているために、虫歯になっているということでした。先生は、この部分は歯ブラシをしてもそれが届かない部分で、どうしても虫歯になってしまう、そして隣の歯まで虫歯になってしまうので、早めに抜いてしまった方が良いという提案を受けました。芦屋の歯医者をどうしても話題が欲しいと親知らずに関しての知識が当時あまりなく、まあ先生がそのように言うのであれば、そうなのだろうということで、その親知らずをその場で麻酔し、抜いてもらうことにしました。わりとすぐに抜けて、麻酔もそれほど痛みが出ずに、すんなりと歯を抜くことができました。これで良かったのか、悪かったのか、今里の歯医者なら口コミで東成区の中でもよくわかりませんが、生えてきた歯をすぐに抜いてしまったというのは、ちょっと残念で、寂しい気持ちにもなりました。残っている歯をこれからもっと大切にしていきたいと思い、神戸で口コミの小児矯正を探すならここでも丁寧に毎日歯ブラシをしています。