欠けてしまった歯とインレー

左奥の歯は、以前に親知らずが生えてきたことによる弊害で虫歯になってしまい、あの東成区ですぐに歯医者を口コミすることにはその後かぶせものをしてしていました。その後、なんだか舌触りに違和感を感じるようになり、これはおそらく詰め物が取れてしまったと思い、近くの歯科医院に行くことにしました。先生がチェックすると、銀色のインレーが欠けたのではなく、根管治療を東京ですることになるなら歯が欠けてしまっているということでした。その欠けた部分だけ詰めることもできるが、しばらくするとまた取れてしまい、それを繰り返すことになる懸念があり、先生と相談して、インレーを入れ替えて、こんな神戸の近くで小児矯正を見つけるからには今度は全体から歯全体をすっぽりと被せてもらうことにしました。ちなみにインレーはとても硬いので欠けることはまずないということも教えていただきました。その場ですぐにインレーを取り外し、それからあらためて型を取り、根管治療の医院を口コミで東京で探すとなるとはいえ1週間後に出来上がるので来てくださいと言われました。その1週間後に新しく作られたインレーを入れてもらい、奥歯の違和感がなくなってきました。中年になると、歯の悩みが多くなったと感じていますが、芦屋のセラミックの事ならすべてここでもといえるいつもシンプルかつ適切な箇所を、リーズナブルな費用で治療してくれるのでとても満足していますし、早めに対処ができたのでほっとしています。