本当の意味で良い歯医者とは

恐らく大多数の人が歯医者に行くタイミングは歯が痛む等、何か症状がでてからだろう。あの話題の東成区で歯医者を探してみるとここからは御多分に漏れずその大多数の1人として通う、というには期間が空きすぎるくらいの頻度で歯医者に行っていました。それまでは何も気にせず近所というだけで選んでいたかかりつけの歯医者さんを、治療の後の何気ない会話をきっかけに価値を改める気持ちになりました。大阪今里の歯医者は東成区で探すとなるとかなり高齢に差し掛かったほとんどおばあちゃんくらいの医師の方でしたが、簡潔に症状や治療方針をその場で説明しながら治療してくれる年齢の面でも医師としてもしっかりとしたかたでした。治療はもちろんのこと先にふれた様に治療後に何故今回の様な症状になったか、どうすれば予防できるかを丁寧に教えてくださりました。その会話のなかで、「どうやって歯をみがいてますか?」と聞かれ、審美歯科では評判の歯科を東京ならもうここでブラッシングの仕方や歯間ブラシの重要性、使い方を説明してもらい、どれだけキレイな状態にしていても歯石はどうしても溜まってきてしまう事などを教わりました。なんだ、そんな当たり前のことでありがたく感じただけかよ!そう感じるでしょう。ただ歯医者とは本来通うべき所で、何か症状がでてから行くところではないということに気づかされました。口コミでインプラントすると今里ではここからその歯医者に良い様に取り込まれているだけだろうと言う見かたも、もちろんわかります。もし治療が早く終わり会話のないままだったら、また症状がでてからでないと歯医者にはいかなかったと思いますし、虫歯がないことだけでは歯の状態が良いとは言えないことなど考えもしなかったでしょう。芦屋のインプラントを口コミで比べるとここでそれ以来歯の症状が悪くなったので歯医者に行くということは無くなり、歯石の除去と歯の状態の確認と日ごろの手入れが正しいかを診てもらいに通うようになりました。