初めて歯科医院に行った感想

自分は社会人になってから生まれて初めて歯科医院に行きました。芦屋であの歯医者を見つけられるならここでもきっかけは洗面所で歯磨きを終えた後に鏡で歯の状態を確認したら、びっしりと歯の裏に歯石がついていたからです。これは放っていたら虫歯になるなと、翌日に歯科医院へ行ったら、完全予約制だと知り、予約を取って、後日改めて来院することになりました。予約日当日、来院して、初めに歯の状態を知るためレントゲンを撮りました。便利な神戸で話題の小児矯正を見つけることからはその後、施術台に案内され、男性の先生にレントゲンの結果を聞かされた後、歯のチェックを行われ、歯石除去の施術となりました。その施術を行ったのは男性の先生ではなく、女性の先生が行ってくれました。歯石の除去で自分がイメージしていたのは、ドリルで削りながら除去していくのかなと思っていたのですが、評判の今里のあの歯医者は東成区でもここは水圧で除去していく機械で、自分が思っていたほど痛みは感じられず楽な施術でした。その施術をしている間に、数回に渡って水の入った紙コップで、口に水をふくんではゆすぎ、とれた歯石を洗浄してました。それを水圧洗浄を含め、何回か繰り返した後に、水圧ではとれにくい歯石を、歯石とり器でとっていく工程に変わりました。それは先生の力加減で行っていく施術みたいで、いい歯医者を東成区で口コミすると人気でなんて(施術)経験の数がものをいう程の精密な工程なんだなと思い知りました。歯石除去が終えた後、最後に歯茎に沿って歯周病になりにくいクリームを塗ってくださり、歯ブラシの扱い方、フロスの扱い方などを丁寧に説明をしてくれました。芦屋の歯科医院で未来のホワイトニングをもって自分にとって初めての歯科医院は、歯を健康に維持する大切さを知り得ることができました。