歯医者さんからの励まし。

私は海外に在住し、1年に1回、日本に帰る帰らないかと言うような生活をしていた時期があります。あんな歯医者を文京区での評判はどうにも歯の具合が悪いことに気が付いたのは海外にいた時でした。そこで、在籍する会社の現地のかかりつけの病院の歯科に行きました。レントゲンを撮るでもなく、口を開けて歯を確認し、気のせいだろうと言われました。そうかなと思い、ごまかしごまかし日々を過ごしていたのですが、やはり痛みがあるので、咬合治療を評判の今里の 矯正 医院でなくてはもう一度、同じところに行くと、精神的なものだと断言されました。一応、その地域では一番良いと言われていた病院なので、これ以上は無理だと思い、痛み止めを飲みながら、半年後の帰国する日を待ちました。帰国の期間は2週間。時間を無駄にしないために、事前にかかりつけの歯科医院に予約を入れました。そして、評判の歯医者は東成区でも今里ではそんなに治療の日。私の歯は詰め物の下で完全にダメになっており、差し歯をすることになりました。20代にして歯を1本失うなんてとてもショックを受けました。それに気が付いた歯医者さんは差し歯と言っても見た目は普通の歯と一緒だから大丈夫だよと励ましてくれました。見た目は同じでも、一緒じゃないのは歯医者さんが一番よく分かっているはずです。それでも同じだと言い切ってくれて、帰国に間に合うように歯を入れてくれました。早く小児矯正を見つけるなら神戸がどこよりも本当にありがたかったです。このことがあってから、不具合がなくても、帰国時は歯科医院の予約をとり健診を受けるようにしています。先生、あの時は、この評判の審美歯科では東京のどこかでありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。