歯科医が良くても、怖さはある。

歯茎が晴れて痛み我慢出来なくなりましたので、芦屋での歯医者をまじ話題にするとはここにもと良いと思う歯医者を探そうと電話した時に、先生が電話に出て下さり親身に話を聞いて下さった印象が良かったので、お話したところ他の歯医者で治療を断られていましたが、偶然その歯医者の先生が電話に出てくれて心配な理由を含めお話しても人がらが良かったので、あの東京の口コミで歯根治療を考えてもう一つそれから新しい歯科医院に変わる事にしたのがきっかけでした。
初診で、問診票に患っている得手疾患の病名を書き受診している日本一の大学病院の主治医の名前も記入し稀な病気なので断られないか心配していると、ほがらかな口調で心配しなくても、近くの神戸で評判の小児矯正を探すなら本当に何かあったらかかりつけの病院に連絡取る様にしているからと仰るので治療を任さてみる事にしました。
それから、待ち時間に周りを見渡すと高齢の方も多く初めて会う人同士なのに気さくに話していたので、人見知りしない性質だった私に話しけてくれた方に聞くとわざわざ他府県から来られていると知り驚きました。
そして、その東京でその予防歯科を評判で見つけることはいざ診察を受けて治療に入ると、麻酔が効かないかも知れないから痛い時は片手を上げる様に言われ治療をして下さりましたが、神経を抜くのだけは余りの激痛で思わず身体が動いてしまうと、評判の根管治療を口コミで芦屋で探すともうこんなに先に撮影したレントゲンを見ながら体調の良い時に来てと優しく言ってくれましたが、それでも怖いです。